Eye wear shop Pinevillage

オリバーピープルズなどのメガネ・サングラス専門店

メガネが曇る理由

ふだんからメガネと一緒にマスクをされている方は多いですが、マスクをするとメガネが曇ってしまうことがあります。メガネが曇るのはマスクをしているときだけでなく、寒い場所から暖かい場所に移動したときにも発生します。こちらではメガネが曇る理由についてご説明します。

水蒸気が曇りの原因

メガネの曇りや窓ガラスの結露は、空気中に含まれる水蒸気が原因です。水蒸気は温度によって空気中に含まれる量が変化します。水蒸気には、温度が低くなると量が少なくなり、温度が高くなると量が多くなる性質があります。水蒸気を多く含む暖かい部屋の空気と、寒い場所で冷やされたメガネのレンズとの間で温度差が生じると、メガネが曇るのです。

メガネを曇らせないようにする方法

マスク内は吐く息よりも高湿の空気が保たれており、その空気が小さな隙間から漏れ出ることでメガネが曇ります。またマスクは冬に着用することが多いため、レンズが冷えて曇りやすくなります。特に鼻の部分は小さな隙間ができやすいので、メガネが曇らないようにするためには、鼻の部分の隙間をなくす必要があります。

現在は隙間ができにくいマスクなどが販売されていますので、そういったマスクに変更するのも1つの方法です。他にも曇りにくい加工がされているメガネレンズもありますので、メガネを購入する際に曇りにくいレンズを選ぶのもおすすめです。

風邪やインフルエンザ、花粉症の予防・対策として使用機会が多いマスクだからこそ、快適性を損なわないようメガネを曇らせない対策が重要になってきます。

ドラマに出演されている芸能人が愛用しているメガネを購入されたい方は、当店の通販をご利用ください。当店はPlusMix(プラスミックス)やビビッドムーン、ISEED(アイシード)などのブランドアイテムを取り扱う正規店です。プラスミックスメガネなどのブランドアイテムだけでなく、曇防コートレンズや眼精疲労予防レンズなどもご用意しております。プラスミックスメガネやレンズなどをお探しの際は、ぜひ当店の通販にてお買い求めください。